心理カウンセラーになるには 高卒

高卒の方が今から心理カウンセラーになるには?

 

最終学歴が高卒(高校卒業)である方が、今から心理カウンセラーになるには、どういった方法を選択するのがよりベストなのか、をここで真剣に考えてみたいと思います。

 

 

まず、「高卒で心理カウンセラーになるにはどうしたら良いか?」と考えられている方のほとんどが、この先大学や大学院へ進級されるという選択肢については、あまり真剣に検討していないと思います。

 

 

大学へ入るための受験勉強をして、10代の子たちと一緒に4年間心理系の学部や学科で学び、その後また大学院への進級ともなると、冗談ではなく準備段階から含めて“10年コース”となるぐらいの覚悟が必要になります。

 

 

運良くトントン拍子で進めていけたとしても、10年後には年を重ねているけれども、経験は全くない心理カウンセラーが誕生するわけです。

 

 

現在のあなたの年齢がいくつかはわかりませんが、10年後に30歳を超えているようならば、非常に厳しい、と言わざるを得ません。

 

 

考えてみて下さい。

 

 

雇う方だって、同じ経験がないのであれば、若い方がいいに決まっていますからね。

 

 

なので、大学や大学院への進級を検討していないあなたの方針は、私は正しいと思います

 

 

そちらの方向へ行って、結果として失敗している方って結構たくさんいらっしゃる現実を考えれば、最初から違うルートへ進んだ方が賢明と言えるでしょう。

 

 

では他にどんなルートが考えられるのか?

 

 

また、どうしたら大学・大学院組との差別化がはかれるのか?、といったことを真剣に考えていく必要があります。

 

 

まず、資格についてですが、誤解されている方も少なくないようなのですが、“心理カウンセラー”と名の付く資格は、すべて民間資格になります。

 

 

つまり国家資格が存在しないということとなりますから、これは裏を返せば例え資格を持っていなくても、心理カウンセリングをすることができる、ということになります。

 

 

まぁ、心理カウンセリングとは言ってしまえば悩み相談なわけですから、資格を持っていないと人の悩み相談にのれないというのも変な話なので、それはそれで仕方のないところかな、とも思います。

 

 

ただ、現実問題として無資格で心理カウンセラーとして活動している方を、私はほとんど知りません。

 

 

皆さん何かしらの心理カウンセラー系の資格を複数保持しておられるのが普通ですから、高卒で心理カウンセラーをこれから目指されるあなたも、自分が気になった資格をいくつか見つけて取得されておいた方がいいでしょう。

 

 

初めはベーシックなものを取得し、その後興味がわいた分野のクライエント(患者)に特化しているような資格(例えば子供専門とか)や、興味のわいた分野の心理療法に特化しているような資格を中心に取得していくのが良いと思いますね。

 

 

心理系の団体は、現在非常に細分化が進んでおり、組織の大小は様々ですが、きっとあなたの嗜好に合った団体が見つかるでしょう。

 

 

そういった団体のいくつかに所属し、徹底的にニッチな分野と単一の技法や療法に磨きをかけていくのが、高卒の方が心理カウンセラーとなっていく上で取るべき方法であり、ルートだと思います。

 

 

全般的に何でもソツなくこなせる心理カウンセラーになるのではなく、特定のクライエントに対し、特定の心理療法でのぞむ稀有な心理カウンセラーを目指すのです。

 

 

そしてこのスタイルでキャリアを積まれていけば、学歴に関係なく、その道のスペシャリストとして認知されていくと思いますね。

 

 

例えば、“学生の恋愛相談専門で、チャートを利用した心理カウンセラー”とか、“軽度のうつ病患者を対象とした認知療法専門の心理カウンセラー”といった具合です。

 

 

お店などでも、何でもメニューにあるファミリーレストランよりも、うどん専門店の方がうどんを食べたい人には、好まれるのと同じようなものです。

 

 

ただ、今の段階では誰に対してどんな心理カウンセリングをしたらいいのか、なんて見当も付かない状態だと思いますので、ひとまずひと通りの知識や技術を広く学べるような講座などに参加してみて、自身の適性を見極めていくことが先決なのではないか、と思います。

 

 

また、もしあなたがこの路線で一定の成功をおさめられたとしたら、今度は今後かつてのあなたのように、これから高卒で心理カウンセラーを目指したい、と考えておられる方に対してコンサルティングを施していくことが可能になります。

 

 

きっとそういった需要はあることでしょう。旧来の心理カウンセラーは、カウンセリングルームの中にいて、良くも悪くも面接をするだけの存在でしたが、これからは二次的に発生した業務なども含めて、積極的に活動をしていくべきだと思います。

 

 

苦手なことを積極的にする必要はありませんが、してもいいな、と感じられるようであれば、心理カウンセラー本来の仕事に軸足を残しつつ、新しい働き方をしていってもいいと思いますよ。

 

 

 

資料請求をしてみて下さい

 

高卒の方が心理カウンセラーになるためのファーストステップとして、まずは気になる心理カウンセリング機関や講座の資料請求をするところから始めてみて下さい。

 

 

すべて無料でできますから、リスクはありません。

 

 

そして資料請求をされたものの中に、説明会や体験講座の類がある場合は、一度参加されてみることをおすすめします。

 

 

自分以外にもどんな人が参加しているのかとか、どんな所で学ぶのかとか、といった資料だけではわからない情報が得られると思いますからね。